東急東横線 綱島駅東口ベビーマッサージ、ベビー教室 ソアママカフェ

更新日:2016年9月18日

こんにちは!
ソアママカフェ・ベビー英語担当のkayoですニコちゃん

 

今回も【今日から使える♪ママの育児英語】ご紹介します。

 

ご紹介すると言っても、特に英語が得意ではなくても馴染みのあるフレーズが多いと思います。

 

でも、だからこそ、「こんなシンプルな語り掛けでいいんだ~!」「これなら♪」と実践に繋がればとても嬉しいですニコニコ

 


 

はい、どうぞ

Here you are.

 

ありがとう

 Thank you.

 


 

このやり取り、日本語ではお子さんとよくやられているのでは?

 

発語が始まって間もない子どもが「はい、どーじょっ」と言っているかわいい姿、よく見ますよね♡

 

私はこのやり取りを、自分のレッスンの中でも意識的に頻繁に出しています。

 

ベビー期のお子さん向けのレッスンでは、お母さんに「Here you are.」または「Thank you.」と大きく声に出して言って頂いています。

 

赤ちゃんの頃は、インプットとして。発語が始まれば、子供はママが言うことをどんどん真似て学んでいきます。

 

そして、耳にする頻度が高ければ高いほど効果は出やすくなってくるので、その甲斐あって?(笑)私のレッスンに継続して通ってくれている子供たちの初めての(英語での)発語はダントツで「Here you are.」または「Thank you.」のどちらかです爆笑

 

また、成長とともに子供の方から「Here you are.」などと言えるようになってきます。

 

そうすると、ママは「Thank you!」と満面の笑みでお返事。

 

ここで英語でのやり取りが成立します爆  笑

 

 

このとても基礎的な会話のキャッチボールが、英語でのコミュニケーションの大きな一歩になっていきます。初めて出来た時はママ達みなさん本当に嬉しそうですラブ

 

そんなママを見たお子さんも嬉しいし、自信がつくんですね。もっともっと!英語でコミュニケーションを取りたくなってきます。

 

 

赤ちゃんの頃の母子のコミュニケーションは、母国語だってどうしても一方通行になりますが、それでもママは毎日赤ちゃんに色々なことを話しかけ、そして赤ちゃんなりにこちらの言うことを理解をしてくれている!と思える瞬間も多々ありますよね。

 

こちらからどれだけ「Here you are!!」を繰り返しても、何も返してこないし、じっと見ているだけで通じているのかしら?滝汗と思うこともあるかもしれませんが、そこは母国語と同じと捉えてください。

 

たくさん聞いて、吸収して、ある日突然出てきます。

 

ご家庭でなら、ママとパパがやり取りをしているのを見せてあげてもいいかもしれませんウインク

 

 

毎日少しずつ。

 

インプット期に限らず、語学を習得する上で最も重要なのは「継続すること」です。

 

前記事でも触れましたが、普通の会話のごく一部を英語でも話してみてください。

 

日本語を減らすのではなく、少しだけ英語をプラスするイメージで。

 

 

「はい、これあげるよ~、 Here you are!」でOKですニコちゃん

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

もっともっとインプット&アウトプットがしたくなったら、Soarmama Englishでお待ちしていますニコニコ

 

月1レッスンの参加者、随時募集中です!

 

Soarmama English レッスン詳細

 

育児トピックスの記事一覧

2016.12.10
【kayo先生のベビー英語コラム: vol. 28】遊びながら学ぶ
2016.12.7
【kayo先生のベビー英語コラム: vol. 27】Halloween2016
2016.12.5
【kayo先生のベビー英語コラム: vol. 26】英語スイッチ。
2016.12.2
【kayo先生のベビー英語コラム: vol. 25】ママ目線でレッスン展開中。
2016.11.30
【kayo先生のベビー英語コラム: vol. 24】ハロウィン向け英語絵本

お子さんと楽しく過ごせるメニューはこちら